チェーンレンチを使用しての配管工事の危険を低減しました!by技術部


2013年9月の技術部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、潜在する危険源を洗い出し、重要な危険源に対して実行可能な対策を考え、実施することとしました。

テーマ

チェーンレンチを使用しての配管工事

チェーンレンチを使用しての配管工事

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?/2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 配管ネジを締め付け、又は取り外す際、チェーンの掛かり長さが悪いとチェーンレンチが外れ反動で転倒する。
2 配管ネジを締め付け、又は取り外す際、無理な体勢で行うと腰を痛める。
3 配管ネジを締め付け、又は取り外す際、チェーンの掛かり長さが悪いとチェーンレンチが外れ身体にあたり打撲する。
  4 チェーンレンチを落とし、足にあたり打撲する。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 チェーンレンチの刃がしっかりと掛かっているか確認する。
2 チェーンの掛かりの長さを適正に調節する。
3 力を込める際、一気には入れない。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 チェーンレンチを使用した配管作業はチェーンの掛かり長さを適正に調整し、刃がしっかりと掛かっているか確認してから力を込める。
指差し呼称 掛かりよし!!

シュリンク巻き作業の危険を低減しました!by第2製造部


2013年9月の第2製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

第2製造部で行う「シュリンク巻き作業」をテーマとして取り上げ、潜在する危険源を洗い出し、重要な危険源に対して実行可能な対策を考え、実施することとしました。

テーマ

シュリンク巻き作業

シュリンク巻き作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?/2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 周囲に物が置いてあるとシュリンクを巻く作業の際、体をぶつけ怪我をする。
2 中腰の作業の為、連続して作業を行うと腰に疲労が溜まり腰痛になる。
3 後ろ向きでシュリンクを巻くため、後方に物が置いてあると気付かず物に躓いて転倒し怪我をす
る。
4 手袋を付けずにシュリンク巻きを行うと、芯を持つ手が摩擦により裂傷する。
5 シュリンク巻き作業は、力を入れてシュリンクを引っ張る為、足元に粉が飛散していると滑って
転倒し怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 パレットの周辺に物が置いてないか確認する。
2 作業スペースを充分確保する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 シュリンク巻き作業を行う際は、作業スペースを充分確保し、周囲や足元に物がないか確認しよう。
指差し呼称 周囲よし!足元よし!

ガラス器具置き場を改善しました!by開発部


今回は2013年8月の開発部の5S改善事例を紹介します。

開発部のガラス器具置き場を定置管理するようにしました。

<改善前の状態&問題点>

ガラス機器の置き場が決まっていない為、いくつあるか、いくつ使用されているかわからない状態でした。また返却位置も不明確でした。

ガラス容器置き場改善

<改善後の状態&効果>

ガラス器具一個一個の置き場を明確にして定置管理することにより、使用状況をすぐに把握でき、返却もしやすくなりました。

ガラス容器置き場改善

250Lドラムパレット積み作業の危険を低減しました!by第2製造部


今回は2013年8月の第2製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

第2製造部で行う「250Lドラムパレット積み作業」をテーマとして取り上げ、潜在する危険源を洗い出し、重要な危険源に対して対策を考え、実施することとしました。

KY活動テーマ

250Lドラムパレット積み作業

ドラム移動作業

どんな危険が潜んでいるか?これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

  1. 床に粉がこぼれていると、足が滑り、ドラムが倒れて作業者が怪我をする。 ⇒ 
  2. 250Lドラムは高さが約120cm程度有り、転がしにくい為、移動させる際にバランスを崩してドラ
    ムが倒れ、作業者が怪我をする。 ⇒ 
  3. 250Lドラムは約130kgあるため、ドラムを移動させようと傾ける際、無理な体勢だと腰を痛める。 ⇒ 
  4. 移動させる際、250Lドラムを人の方に傾けすぎると、ドラムの重さに耐えられず倒れ、怪我を
    する。 ⇒ 
  5. パレットに積載する際、ドラムの重みでパレットがずれ動き、バランスを崩してドラムが倒れ、
    作業者が怪我をする。
  6. はかりから下ろす際に、足場に注意していないと、足の上に下ろしてしまい怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

  1. 移動させる距離を短くする。
  2. はかりとパレットの間隔を短くする。

 私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ドラムを移動させる時は、はかりとパレットの距離を短くし移動させよう
指差し呼称 はかり・パレット間隔よし

試作サンプルの保管期間を色分けして改善しました!by製造部


今回は2013年8月の本社製造部の5S改善事例を紹介します。

本社製造部に保管してある試作サンプルの保管期間を色分けして管理するようにしました。

<改善前の状態&問題点>

試作サンプルには保管期間の決めがなく、年々増える事でスペ-スの確保が難しくなっていました。

年度の古いサンプルや、重複しているサンプルもある為、探す手間が掛かっていました。

サンプル保管期間表示改善
 

<改善後の状態&効果>

年度別にテ-プで色分けをすることで、探す手間がなくなり、管理しやすくなりました。

サンプル保管期間表示改善 サンプル保管期間表示改善

ドラムポーター使用作業時の危険を低減しました!by第1製造部


今回は2013年7月の第1製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

第1製造部で行う「ドラムポーター使用作業」をテーマとして取り上げ、潜在する危険源を洗い出し、重要な危険源に対して対策を考え、実施することとしました。

KY活動テーマ

ドラムポーター使用作業

ドラムポーター

どんな危険が潜んでいるか?これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

  1. ドラムポーターで原料ドラムを浮かせるとき、爪が掛かりきらないまま浮かせると、爪からドラムが外れ、原料ドラムが落下し体に当たる。
  2. 浮かせた原料を運搬するとき、ドラムの位置が高すぎると、段差に車輪が引っかかったときバランスを崩し、ドラムが前方に転倒して、体に当たる。 ⇒ 
  3. 浮かせた原料を運搬するとき、ドラムの位置が低すぎると、段差にドラムが引っかったはずみで急ブレーキがかかるためバランスを崩しハンドルなどで体を打つ。 ⇒ 
  4. 方向を変える時勢いよく回転すると、バランスを崩し、ドラムポーターが横転して体に当たる。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

  1. 適切な高さが確保できているか確認してから作業を行う
  2. 進行方向に大きな段差や物がないか確認してから作業を行う
  3. 周囲(ドラム付近)に他の作業者がいないか確認してから作業を行う

 私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ドラムポーターを使用する時は、高さを確認してから作業しよう
指差し呼称 高さヨシ!!
ドラムポーター

水分測定における蒸発皿出し入れ時の危険を低減しました!by製造部


今回は2013年7月の製造部(本社)のKY活動事例を紹介します。

製造部で行う「水分測定における蒸発皿出し入れ作業」をテーマとして取り上げ、潜在する危険源を洗い出し、重要な危険源に対して対策を考え、実施することとしました。

KY活動テーマ

水分測定における蒸発皿出し入れ作業

水分測定における蒸発皿出し入れ作業

どんな危険が潜んでいるか?これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

  1. 蒸発皿を取り出す際、他の皿に接触し火傷する ⇒ 
  2. 蒸発皿を取り出す際、トングで取り損ない、落下し割れて怪我をする
  3. 扉が半開きの為、取り出す際、扉に接触して落下し、割れてしまい怪我をする ⇒ 
  4. 蒸発皿を取り出す際、腕が内部の壁に接触し、火傷する ⇒ 

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

  1. 蒸発皿を取り出す際は、軍手を着用し取り出す
  2. 蒸発皿を取り出す際は、長袖を着用し作業する

 私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 蒸発皿を出し入れする際は、扉を全開にし長袖、軍手を着用し作業しよう
指差し呼称 出し入れ準備ヨシ!
水分測定における蒸発皿出し入れ作業水分測定における蒸発皿出し入れ作業
1 55 56 57 58 59