喜多村が進化する姿をみなさまに

砕きの喜多さん

喜多村はお客様に継続して製品・サービスをご利用いただけるように事業の永続繁栄を目指しています。 その事業繁栄のキーワードのひとつが「進化」です。

ここでは喜多村の様々な進化の様子を 「喜多さんの進化抄録集」 として掲載していきます。私たちの「進化」の様子をぜひご覧ください。

※翻訳ツール(右上)を利用して翻訳した場合、「喜多さんの進化抄録集」以外のコーナーへ移動すると日本語表示に戻ります。ご了承ください。

<喜多さんの進化>

このカテゴリーでは、設備投資や研究開発への投資をともなう進化の活動をご紹介しています。 工場施設や生産設備の進化、技術力や開発力の進化の事例を中心に掲載しています。

>> 喜多さんの進化はこちら

<俺たちのKAIZEN>

このカテゴリーでは、製造現場などが主体となって進める改善活動を紹介しています。 主に5S活動やKY(危険予知)活動、管理図によるトレンド管理活動の成果を掲載しています。

>> 俺たちのKAIZENはこちら

<5Sギャラリー ~進化の履歴~>

このカテゴリーでは、「俺たちのKAIZEN」の5S活動のカテゴリーでは紹介しきれなかった5S改善の実績を、5SギャラリーとしてBefore & After写真を掲載して紹介しています。

>> 5Sギャラリーはこちら

<喜多さんの手前味噌 ~仕組みの紹介~>

このカテゴリーでは、喜多村の仕事を支えている仕組みや自前のITシステムなどを動画で紹介しています。手前味噌ながら、ここで紹介する仕組み・システムは優れたものばかりであり、仕事の中でこれらを活用することで、品質や業務効率の向上に繋げています。

>> 喜多さんの手前味噌はこちら

記事一覧

トレンド管理活動の成果(無機材料の粉砕) by本社製造部


<品種・材料/粒子径>

無機材料の粉砕/Dp98

<管理図の変化>


(単位:µm)

<改善内容>

粉砕機内の原料が最適量になるよう調整し、安定稼働できるようにしました。

※当社のノウハウとなる部分につきましては、抽象的な表現にさせていただいています。ご了承ください。

5S事例:洗濯済み品保管用のポリ袋の仕分け by総務部


2019年11月の総務部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

総務部では「洗濯済み品保管用のポリ袋の仕分け」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

長期保管が必要な洗濯済み品はポリ袋に入れて保管しています。
どのポリ袋を使用すれば良いのか判断しづらく、なかでも洗濯済みフィルターを入れる時は長めの袋が必要ですが、どの袋が長めの袋なのかわかりづらい状態でした。

<改善後の状態&効果>

洗濯済み品を入れるポリ袋をケース毎に仕分け、表示しました。
それによって、洗濯済みフィルターのポリ袋のサイズ等も表示する事で、在庫がなくなっても簡単に補充が出来るようになりました。

KY事例:フォークリフトでの制御盤運搬作業 by開発部


2019年11月の開発部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

フォークリフトでの制御盤運搬作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 フォークリフトで制御盤を運搬する際、制御盤がフォークから滑り落ち、歩行者に当たる。
2 フォークリフトで制御盤を運搬する際、フォークリフトの操作を誤り制御盤が倒れ、
歩行者に当たる。
3 フォークリフトで制御盤を運搬する際、段差で制御盤が倒れ、歩行者に当たる。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 荷締め機を使って、マストと制御盤を固定してから、運搬する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 フォークリフトで制御盤を運搬する際は、制御盤とマストを荷締め機でしっかりと固定してから運搬しよう。
指差し呼称 固定よし!

KY事例:ジグソーでの盤加工 by設備保全部


2019年11月の設備保全部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

ジグソーでの盤加工

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 保護具をしていないと切削粉やバリで目や指を痛める。
2 加工物が安定してないと切削中、ジグソーの刃が噛んで折れ指等を痛める。
3 無理な姿勢で作業すると腰を痛める。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 保護具を着用(メガネ、手袋)。
2 加工物は安定を確認してから作業する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ジグソーでの加工は加工物の安定を確かめて保護具を着用して作業しよう
指差し呼称 (対象物に対して)安定よし、保護具よし

Kアラートシステム(検査結果異常通知システム)


当社の製品検査では、粒子径など粉体の様々な特性を測定します。その特性の異常な傾向を自動で感知し、製造現場へいち早く通知するシステムが「Kアラートシステム(検査結果異常通知システム)」です。このシステムによって、人が直接出向くよりも早く製造現場へ伝わるので、現場では製造工程の異常に対しより素早い対処が可能です。

※Kアラートの「K」は喜多村(Kitamura)のK

1 2 3 4 61