喜多村が進化する姿をみなさまに

砕きの喜多さん

喜多村はお客様に継続して製品・サービスをご利用いただけるように事業の永続繁栄を目指しています。 その事業繁栄のキーワードのひとつが「進化」です。

ここでは喜多村の様々な進化の様子を 「喜多さんの進化抄録集」 として掲載していきます。私たちの「進化」の様子をぜひご覧ください。

※翻訳ツール(右上)を利用して翻訳した場合、「喜多さんの進化抄録集」以外のコーナーへ移動すると日本語表示に戻ります。ご了承ください。

<喜多さんの進化>

このカテゴリーでは、設備投資や研究開発への投資をともなう進化の活動をご紹介しています。 工場施設や生産設備の進化、技術力や開発力の進化の事例を中心に掲載しています。

>> 喜多さんの進化はこちら

<俺たちのKAIZEN>

このカテゴリーでは、製造現場などが主体となって進める改善活動を紹介しています。 主に5S活動やKY(危険予知)活動、管理図によるトレンド管理活動の成果を掲載しています。

>> 俺たちのKAIZENはこちら

<5Sギャラリー ~進化の履歴~>

このカテゴリーでは、「俺たちのKAIZEN」の5S活動のカテゴリーでは紹介しきれなかった5S改善の実績を、5SギャラリーとしてBefore & After写真を掲載して紹介しています。

>> 5Sギャラリーはこちら

<喜多さんの手前味噌 ~仕組みの紹介~>

このカテゴリーでは、喜多村の仕事を支えている仕組みや自前のITシステムなどを動画で紹介しています。手前味噌ながら、ここで紹介する仕組み・システムは優れたものばかりであり、仕事の中でこれらを活用することで、品質や業務効率の向上に繋げています。

>> 喜多さんの手前味噌はこちら

記事一覧

5S事例:プラ容器掃除道具の保管・管理 by総務部


2020年11月の総務部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

総務部では「プラ容器掃除道具の保管・管理」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

プラ容器掃除用の道具をペール缶に入れて保管していますが、まとめて保管している為、乱雑になっていました。
また数の把握をしておらず、きちんと管理出来ていませんでした。

<改善後の状態&効果>

プラ容器掃除用の道具の保管、管理用のボードを作成し、道具を掛けるようにしました。置場の表示とラインを引いた事により、定置管理も出来るようになった為、使用後は定位置に返却出来るようになりました。
一目で欠品もわかるようになり、見た目も良くなりました。

5S事例:脚立定置管理 by第1製造部


2020年11月の第1製造部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

第1製造部では「脚立定置管理」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

C-1室配管置き場には脚立がありますが、すぐ使用できるように広げた状態で置かれていて、配管を取りに来た人は脚立に躓く可能性がありました。

<改善後の状態&効果>

配管の棚にフックを取り付け表示をすることで定置管理が行えるようになりました。また、配管を取りに来た人も脚立に躓く可能性がなくなりました。

KY事例:ロータップ検査時の扉開閉作業 by品質保証部


2020年11月の品質保証部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

ロータップ検査時の扉開閉作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 扉を開ける時、他の作業者がいると扉が当たり怪我をする。
2 扉を開けた状態で篩の出し入れをする時、他の作業者がいると接触し篩を足に落とし怪我をする。
3 扉を閉める時、片手で取っ手を持って閉めると反対の手の指を挟み怪我をする。
4 扉を確実に閉めていないと、音が外に漏れ難聴になる。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 扉を閉める時は必ず両手で取っ手を持って閉める。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 扉を閉める時は必ず取っ手を両手で持って閉めよう!
指差し呼称 両手よし!

KY事例:ボール盤穴あけ作業 by設備保全部


2020年11月の設備保全部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

ボール盤穴あけ作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 顔を近づけすぎたり、肌を露出したまま作業すると切削屑が飛んで触り、火傷する。
2 保護めがねを使用せず作業すると切削屑が飛んで目に入り目を痛める。
3 バイス固定が弱いと加工中、材料が外れ飛んで体に当たる。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 加工部に近づき過ぎず、肌の露出も極力しないようにする。
2 ボール盤穴あけ作業を行うときは保護具を必ず着用する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ボール盤穴あけ作業では、肌の露出を抑え、保護具を着用して作業しよう。
指差し呼称 保護具ヨシ!火傷注意ヨシ!

KY事例:製品缶吊り上げ作業(洗浄時) by第2製造部


2020年11月の第2製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

製品缶吊り上げ作業(洗浄時)

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 製品缶の近くで操作を行うと、吊り上げた製品缶が自分や他の作業者の方に揺れて、接触し怪我をする。
2 シャックルの取り付けがあまいと操作中に外れ、落下してきた製品缶に接触し怪我をする。
3 ベルトスリング付近に手を当てて操作すると手を挟んで怪我をする。
4 キャスター付きの枠をロックし忘れて吊り上げると、枠が思わぬ方向に動き作業者に接触し怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 製品缶が揺れることを予測し、周囲に人が居ないことを確認してから離れて操作する。
2 キャスターをロックした後、製品缶が動かないことを確認する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 製品缶吊り上げ作業を行う際は、キャスターのロックと周囲に人が居ないことを確認してから離れて操作しよう。
指差し呼称 キャスターロックよし!周囲よし!立ち位置よし!

5S事例:ホーロー(イモネジ)保管用ケースの作成 by製造部


2020年10月の製造部(本社)の5S活動事例を紹介します。

製造部では「ホーロー(イモネジ)保管用ケースの作成」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

工場内で使用するホーロー(イモネジ)はサイズの違う物が同じケース内で混在して保管してあり必要な物が取り出しずらい状態になっていました

<改善後の状態&効果>

仕切りのあるケースを使ってサイズ毎に保管できるようにしました。サイズが表示してあるので使用したい物が取り出しやすくなりました。

1 2 3 4 67