喜多村が進化する姿をみなさまに

砕きの喜多さん

喜多村はお客様に継続して製品・サービスをご利用いただけるように事業の永続繁栄を目指しています。 その事業繁栄のキーワードのひとつが「進化」です。

ここでは喜多村の様々な進化の様子を 「喜多さんの進化抄録集」 として掲載していきます。私たちの「進化」の様子をぜひご覧ください。

※翻訳ツール(右上)を利用して翻訳した場合、「喜多さんの進化抄録集」以外のコーナーへ移動すると日本語表示に戻ります。ご了承ください。

<喜多さんの進化>

このカテゴリーでは、設備投資や研究開発への投資をともなう進化の活動をご紹介しています。 工場施設や生産設備の進化、技術力や開発力の進化の事例を中心に掲載しています。

<俺たちのKAIZEN>

このカテゴリーでは、製造現場などが主体となって進める改善活動を紹介しています。 主に5S活動やKY(危険予知)活動、管理図によるトレンド管理活動の成果を掲載しています。

<5Sギャラリー>

このカテゴリーでは、5Sギャラリーとして「俺たちのKAIZEN」の5S活動のカテゴリーでは紹介しきれなかった5S改善の実績を、Before & After写真を掲載して紹介しています。

>> 5Sギャラリーはこちら

記事一覧

5Sテーマパークエリアの壁面をリフォーム(本社工場)/より見栄えあるテーマパークに!


本社工場では5Sテーマパークエリアの壁面をリフォームしました。

5Sテーマパークとは

当社では工場見学にいらっしゃったお客様に当社の5Sレベルを知っていただけるように、5S改善事例やトレンド管理の様子を見学コースにパネル掲示したり、粉砕プラントをイメージしていただけるように自作模型を設置したりしています。そしてその各コーナーをアトラクション、見学コースを総じて「5Sテーマパーク」と呼んでいます。

より見栄えあるテーマパークに

本社の第一工場は昭和40年代に建てられた部分もあり、5Sテーマパークはその古い建物の中にもあります。そのため建築当時のままの壁面を背景にしてアトラクション(パネル等)が設置されているところもあり、お世辞にも綺麗とは言えない状態でした。

お客様に立ち止まってパネル等をご覧いただく際にその背景が汚く古臭い状態では、5Sレベルを感じていただく妨げになりますし、お客様には少しでも綺麗な工場でお過ごしいただきたいという考えから、今回古い壁面をリフォームすることにしました。

今までよりも格段に綺麗な壁面になり、アトラクションをご覧いただく際にはより見栄えあるものになったと思います。

5Sテーマパークには工場の進化が反映

お客様にはいつご見学いただいても「スゴイ!」と感じていただけるように、社員は常に5Sテーマパークを進化させています。5Sテーマパークを進化させる材料は工場の進化です。つまり工場自体も常に進化させているということであり、その進化の様子を映し出しているのが5Sテーマパークです。

過去には海外から見学にいらっしゃった方から「Wow!」と大きな感嘆の声をいただいたこともあります。社員は「いいね」という評価では満足しません。予想よりも遥かに「スゴイ!!!」という感嘆をいただくつもりで5Sテーマパークを日々進化させています。ご来社の際にはぜひご見学いただきご評価いただければと思います。

 

本社工場5Sテーマパーク風景

粉砕プラントの自作模型

パネル掲示・体験コーナー

パネル掲示(改善事例)

パネル掲示(改善事例)

パネル掲示(粉砕実績例)

パネル掲示(粉砕実績例)

見学順路

パネル掲示(管理図の進化)

パネル掲示(喜多村ニュース)・体験コーナー

テーマパーク進化の打ち合わせ

新型粉体回収機を開発・導入(古川工場)/粉砕機の能力を最大限引き出します!


古川工場に新型の粉体回収機を導入しました。今までの粉体回収機では出し切れなかった粉砕機の能力を最大限引き出せるようになります。

粉砕機と粉体回収機の能力バランスが重要

当社の粉砕プラントの中で、肝心要となるのは当然ながら「粉砕機」です。粉砕機によって様々なものを細かくし、粉砕機によって価値を生み出しています。「粉体回収機」もまた無くてはならない設備です。これが無いと粉砕機で細かくされた粉体を回収することができません。

そしてこの「粉体回収機」の能力次第で、粉砕機が発揮できる能力が決まることがあるので、この2者の能力のバランスは重要なポイントとなります。

既存の粉体回収機では粉砕機の能力を最大限引き上げられない

粉砕の稼働条件の一つに、プラント機内の風量があります。粉砕機の能力を最大限発揮するためにはこの風量をコントロールする必要がありますが、一定以上の風量を保つためには粉体回収機がその静圧に耐えられるものでなければなりません。

当社で扱う粉砕機の中には、粉体回収機の耐圧能力が見合っていないために、粉砕能力を最大限に引き上げられないものがあり、せっかくの能力を活かし切れていない状況がありました。

新型粉体回収機を開発・導入し、粉砕機の能力を最大限に

近年ますます高まるお客様のご要望にお応えしていくためにも、社内にある能力は最大限に引き出せるようにしておきたいとの想いから、新型の粉体回収機を開発・製作しました。

既存の粉体回収機の形は大雑把にいうと直方体です。それに対して新型は円柱型です。粉砕機に見合った耐圧能力を持つものにするためには、既存の粉体回収機に対して3~4倍の耐圧能力を持たせる必要がありました。この耐圧能力を得るために新型の粉体回収機は円柱型として製作しました。

この新型の粉体回収機の導入によって、粉砕機の能力を最大限に引き出すことが可能になりますので、今までよりもさらに高いレベルの粉砕ができることを期待しています。

 

お客様の高まっていくご要望にお応えできるよう、今後も持てる力をすべて発揮できるよう手を尽くしていきます。

トレンド管理活動の成果(電子部品向け材料の粉砕) by本社製造部


<品種・材料/粒子径>

電子部品向け材料の粉砕/Dp90

<管理図の変化>


(単位:µm)

<改善内容>

粉砕機内の原料が最適量で安定するように調整しました。

※当社のノウハウとなる部分につきましては、抽象的な表現にさせていただいています。ご了承ください。

5S事例:開発実験室 子扉・大扉のロック錠の改善 by開発部


2018年11月の開発部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

開発部では「開発実験室 子扉・大扉のロック錠の改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

扉の施錠は写真の通り破損しており、完全に閉める事が出来きない上、小扉の下部の鉄板の溶接が切れています。その為、鉄板が曲がった状態で内側で扉下部面が接触しており、スムーズな開閉が出来ない状態です。

<改善後の状態&効果>

大扉用と子扉にそれぞれドアロックを取り付けました。
完全に扉を閉める事が出来、製造環境の向上になりました。又、子扉は、部屋内からも開けれる様に細工し、子扉下部を修正して、塗装を施し見た目も改善されました。

1 2 3 4 74