砕きの喜多さん

このカテゴリーでは、製造現場などが主体となって進める改善活動を紹介しています。 主に5S活動やKY(危険予知)活動、管理図によるトレンド管理活動の成果を掲載しています。

※翻訳ツール(右上)を利用して翻訳した場合、「喜多さんの進化抄録集」以外のコーナーへ移動すると日本語表示に戻ります。ご了承ください。

<5S活動>

各部門で5S責任者を選出し5S活動を推進、その成果を毎月発表会にて全社に展開しています。 また、毎月1回社長を筆頭に5S責任者が各部門を巡視し、5Sができていない箇所やさらなる5S改善ができる箇所などを見つけ、5Sの維持向上を徹底的に行っています。

<KY(危険予知)活動>

各部門でKYT(危険予知訓練)を実施しています。部門において潜んでいる危険源を特定、分析し、それを解決する為の対策を考え、その成果を毎月発表会にて全社に展開しています。 この活動により、社員一人ひとりの危険への感受性を鋭くし、要所要所の集中力を高め、労働安全推進への意識を高めています。

<管理図によるトレンド管理活動>

当社の製造現場では管理図による製品粒径のトレンド管理をしてます。粒径規格とは別に過去のデータを基にして管理限界を設定し、製造工程が安定状態にあるかを常に監視しています。 さらに、管理図の管理限界の幅を狭くする、つまり製造工程をより安定状態するために、工程改善等を実施しています。 管理図によるトレンド管理活動の成果についても、5S、KYとともに発表会で全社に展開しています。

記事一覧

トレンド管理活動の成果(電子部品向け材料の粉砕) by本社製造部


<品種・材料/粒子径>

電子部品向け材料の粉砕/Dp90

<管理図の変化>


(単位:µm)

<改善内容>

粉砕機内の原料が最適量で安定するように調整しました。

※当社のノウハウとなる部分につきましては、抽象的な表現にさせていただいています。ご了承ください。

5S事例:電線置き場の改善 by設備保全部


2019年9月の設備保全部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

設備保全部では「電線置き場の改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

工作室・奥の電線置き場は、以前、種類別に保管されていたが種類が多くなり乱雑に保管されていました。

<改善後の状態&効果>

再区分をしたことによりみやすくなりました。

5S事例:バグフィルター置き場の改善 by製造部


2019年9月の製造部(本社)の5S活動事例を紹介します。

製造部では「バグフィルター置き場の改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

回収機で使用するバグフィルターの置き場は、工場内の奥の方でパレットの上に積んであるだけで品質的にあまり良くない状態でした。カバーやシートが覆い被さり何が置いてあるかも分かりずらい状態でした

<改善後の状態&効果>

スペーシアでバグフィルター専用の台車を製作し移動しやすく積みやすい状態にし綺麗な室内で保管できるようにしました。また、表示する事で何が置いてあるか分かりやすくなりました。

KY事例:ロータップ測定 by品質保証部


2019年9月の品質保証部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

ロータップ測定

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 ふるい固定器具が上げてある状態で篩を仕込むと、固定器具が振動等で落ち、手にあたる、又は指を挟む恐れがある。
2 ふるいを測定器内に仕込む時、しゃがまなければならないので腰に負担が掛る。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 ふるい固定器具は下げた状態でふるいを仕込む。
2 測定を終了する際は、ふるい固定器具は下げた状態にする。
3 ふるい固定器具に「上げた状態で作業しない」等のラベルを貼る。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ふるい固定器具を上げた状態にしない。
指差し呼称 固定器具よし!

KY事例:3-1室 空調機フィルター取り外し作業 by第2製造部


2019年9月の第2製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

3-1室 空調機フィルター取り外し作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 フィルターを取り外すことに気を取られ、枠付きパレットから足を踏み外し怪我をする。
2 フィルターの位置が顔に近いため、取り外すときに粉や埃が目に入る。
3 取り外したフィルターを足元の近くに置いて作業するとつまづき転倒する。
4 空調機本体に近いため、頭をぶつけ怪我をする。
5 掃除機で汚れを吸いながら作業するため、掃除機のホースでつまずき転倒する。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 取り外したフィルターや掃除機のホースは足元から離して置く。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 フィルターを取り外す際は足元を確認ながら作業しよう。
指差し呼称 足元よし!

KY事例:騒音値85dB以上の粉砕室での作業 by第1製造部


2019年9月の第1製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

騒音値85dB以上の粉砕室での作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 騒音値85dB以上の粉砕室で長時間作業をしていると、将来的に、難聴を引き起こす可能性が高まる。
2 騒音値85dB以上の粉砕室で長時間作業をしていると、耳鳴りや頭が痛くなる可能性がある。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 騒音値85dB以上の粉砕室で作業をする時は、耳栓やイヤーマフを使用する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 騒音値85dB以上の粉砕室で作業をする時は、耳栓やイヤーマフを使用して自分の耳を守ろう。
指差し呼称 耳栓よし!(イヤーマフを含む)

5S事例:段ボール板保管台車の改善 by品質保証部


2019年8月の品質保証部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

品質保証部では「段ボール板保管台車の改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

パレットに製品を積載する際に使用する段ボールの保管台車は構造がパイプの枠だけであったため、隙間から段ボールが外れて落ちていたり、奥の方へ飛び出していたりで、乱雑な状態でした。段ボールも再利用の物が多いため、サイズも不揃いであったことから整えて保管できない状態でした。

<改善後の状態&効果>

保管台車の両サイドと奥側にボードを取り付けたことで。台車から外れる事もなくなり、サイズが不揃いの段ボールもスッキリ収まるようになりました。

1 2 3 4 47