砕きの喜多さん

このカテゴリーでは、製造現場などが主体となって進める改善活動を紹介しています。 主に5S活動やKY(危険予知)活動、管理図によるトレンド管理活動の成果を掲載しています。

※翻訳ツール(右上)を利用して翻訳した場合、「喜多さんの進化抄録集」以外のコーナーへ移動すると日本語表示に戻ります。ご了承ください。

<5S活動>

各部門で5S責任者を選出し5S活動を推進、その成果を毎月発表会にて全社に展開しています。 また、毎月1回社長を筆頭に5S責任者が各部門を巡視し、5Sができていない箇所やさらなる5S改善ができる箇所などを見つけ、5Sの維持向上を徹底的に行っています。

<KY(危険予知)活動>

各部門でKYT(危険予知訓練)を実施しています。部門において潜んでいる危険源を特定、分析し、それを解決する為の対策を考え、その成果を毎月発表会にて全社に展開しています。 この活動により、社員一人ひとりの危険への感受性を鋭くし、要所要所の集中力を高め、労働安全推進への意識を高めています。

<管理図によるトレンド管理活動>

当社の製造現場では管理図による製品粒径のトレンド管理をしてます。粒径規格とは別に過去のデータを基にして管理限界を設定し、製造工程が安定状態にあるかを常に監視しています。 さらに、管理図の管理限界の幅を狭くする、つまり製造工程をより安定状態するために、工程改善等を実施しています。 管理図によるトレンド管理活動の成果についても、5S、KYとともに発表会で全社に展開しています。

記事一覧

5S事例:第2製造部関連 鍵の管理方法の改善 by第2製造部


2020年4月の第2製造部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

第2製造部では「第2製造部関連 鍵の管理方法の改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

第2製造部関連で使用する鍵が現在はタグの種類が様々で見にくかったり、スペアキーもまとめてあったりした為、ごちゃごちゃしていて見栄えが悪い。

<改善後の状態&効果>

タグの種類を第2製造部の物を統一し、スペアキーは別で保管した。             使用する際にわかりやすくなり、見た目もすっきりしました。

5S事例:磁生物検査に使用する限度見本の保管場所整理 by品質保証部


2020年4月の品質保証部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

品質保証部では「磁生物検査に使用する限度見本の保管場所整理」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

第一分析室で磁性物検査を行う際に使用する限度見本を検査用ワゴンの下に保管しているが、見本をただ重ねて置いてあるだけで使用する際、目的の見本を探す必要があり、見映えも悪い状態でした。

<改善後の状態&効果>

ワゴンの下に仕切りをつけ、会社ごとに限度見本を置いたことにより、必要な見本を探す必要がなくなり、見映えも良くなりました。

KY事例:丸ノコによるファイバードラム切断作業 by総務部


2020年4月の総務部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

丸ノコによるファイバードラム切断作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 丸ノコを使用してファイバードラムの鉄枠を切断する時は、プレス機でファイバードラムをしっかり固定しないとファイバードラムが動いて丸ノコで怪我をする。
2 電源コードと掃除機ホースを左手で持ち、右手は丸ノコを持って両手で作業を行わないと怪我をする。 
片手作業をしない)
3 丸ノコで切断作業を行っている作業者の横を通ると、作業者が気が付かず丸ノコが当たり怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 ファイバードラムをプレス機で固定した後は、ファイバードラムが動かないか手で確認する。
2 丸ノコ使用時は、両手で持ち作業をする。(片手作業をしない)

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ファイバードラムを切断する時は、固定の確認と両手で作業を行う。
指差し呼称 固定ヨシ!両手作業ヨシ!

KY事例:重ねて収納してある角ポリの上段を抜き取る作業 by原料課


2020年4月の原料課(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

重ねて収納してある角ポリの上段を抜き取る作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 上段の角ポリを抜き取る時、腕・肩・腰に負担が掛かる。
2 上段の角ポリを抜き取る時、角ポリが倒れ通行人に当たる。
3 抜き取った角ポリが顔に当たり怪我をする。
4 角ポリに粉が付いていると、粉が舞って目に入る。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 積む角ポリを7段までとする。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 角ポリを積む際は、7段までにして収納しよう。
指差し呼称 高さよし!

KY事例:CFミル分級部清掃作業 by製造部


2020年4月の製造部(本社)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

CFミル分級部清掃作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 無理な体勢で持ち上げようとすると腰を痛める
2 手が滑り分級部が足に落ち怪我をする
3 分級部を起こした際、身体をもっていかれ反対側に倒れ込み怪我をする
4 洗浄の際、素手で作業をするとバリ等で手を怪我する
5 分級部を起こした後、分級部がぐらつき倒れ手をはさみ怪我をする

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 二人で作業をする
2 腰部保護ベルトを着用する
3 ゴム手袋を着用する

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 CFミル分級部を起こす際は、保護具を着用し二人で作業をしよう
指差し呼称 保護具着用、作業準備ヨシ!

5S事例:切手の管理・保管方法の改善 by総務部


2020年3月の総務部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

総務部では「切手の管理・保管方法の改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

郵便料金の値上げに伴い、調整用の為に何種類か買い足した。仕切り付きのプラスチックケースは8つに仕切られており、切手の種類はそれ以上ある為、1ヵ所に2種類入っている所もある。

<改善後の状態&効果>

細長く切った黒い台紙をラミネートし、山型に折り曲げて中に入れる事で、1ヵ所を2つに仕切った。新しく買い足す事なく既存のケースを使ったままで、収納個所を2倍に増やす事が出来た。台紙で傾斜がついている事から手に取りやすく、見やすい為に在庫の管理もしやすくなった。仕切り板の底の隙間も気にならなくなった為、種類がバラバラになる事も少なくなった。

5S事例:室内酸素濃度計固定 by第1製造部


2020年3月の第1製造部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

第1製造部では「室内酸素濃度計固定」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

室内酸素濃度計はケース保管庫の上に直接置かれている状態で、見た目も悪く固定されていないため落下する可能性がありました。また、不衛生な状態でもありました。

<改善後の状態&効果>

酸素濃度計を壁に取り付けたことにより、落下することは無くなり見た目も良くなりました。また、置き場のスペースを確保することができ衛生面でも良くなりました。

1 2 3 4 51