砕きの喜多さん

このカテゴリーでは、設備投資や研究開発への投資をともなう進化の活動をご紹介しています。 工場施設や生産設備の進化、技術力や開発力の進化の事例を中心に掲載しています。

※翻訳ツール(右上)を利用して翻訳した場合、「喜多さんの進化抄録集」以外のコーナーへ移動すると日本語表示に戻ります。ご了承ください。

記事一覧

5Sテーマパークエリアの壁面をリフォーム(本社工場)/より見栄えあるテーマパークに!


本社工場では5Sテーマパークエリアの壁面をリフォームしました。

5Sテーマパークとは

当社では工場見学にいらっしゃったお客様に当社の5Sレベルを知っていただけるように、5S改善事例やトレンド管理の様子を見学コースにパネル掲示したり、粉砕プラントをイメージしていただけるように自作模型を設置したりしています。そしてその各コーナーをアトラクション、見学コースを総じて「5Sテーマパーク」と呼んでいます。

より見栄えあるテーマパークに

本社の第一工場は昭和40年代に建てられた部分もあり、5Sテーマパークはその古い建物の中にもあります。そのため建築当時のままの壁面を背景にしてアトラクション(パネル等)が設置されているところもあり、お世辞にも綺麗とは言えない状態でした。

お客様に立ち止まってパネル等をご覧いただく際にその背景が汚く古臭い状態では、5Sレベルを感じていただく妨げになりますし、お客様には少しでも綺麗な工場でお過ごしいただきたいという考えから、今回古い壁面をリフォームすることにしました。

今までよりも格段に綺麗な壁面になり、アトラクションをご覧いただく際にはより見栄えあるものになったと思います。

5Sテーマパークには工場の進化が反映

お客様にはいつご見学いただいても「スゴイ!」と感じていただけるように、社員は常に5Sテーマパークを進化させています。5Sテーマパークを進化させる材料は工場の進化です。つまり工場自体も常に進化させているということであり、その進化の様子を映し出しているのが5Sテーマパークです。

過去には海外から見学にいらっしゃった方から「Wow!」と大きな感嘆の声をいただいたこともあります。社員は「いいね」という評価では満足しません。予想よりも遥かに「スゴイ!!!」という感嘆をいただくつもりで5Sテーマパークを日々進化させています。ご来社の際にはぜひご見学いただきご評価いただければと思います。

 

本社工場5Sテーマパーク風景

粉砕プラントの自作模型

パネル掲示・体験コーナー

パネル掲示(改善事例)

パネル掲示(改善事例)

パネル掲示(粉砕実績例)

パネル掲示(粉砕実績例)

見学順路

パネル掲示(管理図の進化)

パネル掲示(喜多村ニュース)・体験コーナー

テーマパーク進化の打ち合わせ

新型粉体回収機を開発・導入(古川工場)/粉砕機の能力を最大限引き出します!


古川工場に新型の粉体回収機を導入しました。今までの粉体回収機では出し切れなかった粉砕機の能力を最大限引き出せるようになります。

粉砕機と粉体回収機の能力バランスが重要

当社の粉砕プラントの中で、肝心要となるのは当然ながら「粉砕機」です。粉砕機によって様々なものを細かくし、粉砕機によって価値を生み出しています。「粉体回収機」もまた無くてはならない設備です。これが無いと粉砕機で細かくされた粉体を回収することができません。

そしてこの「粉体回収機」の能力次第で、粉砕機が発揮できる能力が決まることがあるので、この2者の能力のバランスは重要なポイントとなります。

既存の粉体回収機では粉砕機の能力を最大限引き上げられない

粉砕の稼働条件の一つに、プラント機内の風量があります。粉砕機の能力を最大限発揮するためにはこの風量をコントロールする必要がありますが、一定以上の風量を保つためには粉体回収機がその静圧に耐えられるものでなければなりません。

当社で扱う粉砕機の中には、粉体回収機の耐圧能力が見合っていないために、粉砕能力を最大限に引き上げられないものがあり、せっかくの能力を活かし切れていない状況がありました。

新型粉体回収機を開発・導入し、粉砕機の能力を最大限に

近年ますます高まるお客様のご要望にお応えしていくためにも、社内にある能力は最大限に引き出せるようにしておきたいとの想いから、新型の粉体回収機を開発・製作しました。

既存の粉体回収機の形は大雑把にいうと直方体です。それに対して新型は円柱型です。粉砕機に見合った耐圧能力を持つものにするためには、既存の粉体回収機に対して3~4倍の耐圧能力を持たせる必要がありました。この耐圧能力を得るために新型の粉体回収機は円柱型として製作しました。

この新型の粉体回収機の導入によって、粉砕機の能力を最大限に引き出すことが可能になりますので、今までよりもさらに高いレベルの粉砕ができることを期待しています。

 

お客様の高まっていくご要望にお応えできるよう、今後も持てる力をすべて発揮できるよう手を尽くしていきます。

本社工場にエアコンを増設/社員を熱中症から守ります!


本社ではこの夏の酷暑を受けて、熱中症を予防するためにエアコンを増設しました。

本社の猛暑

今年2018年の夏は全国各地で連日猛暑となりました。当社の本社がある愛知県も名古屋市で猛暑日36日・最高気温40.3度、豊田市で猛暑日32日・最高気温39.7度となりました。本社所在地の東郷町は名古屋市と豊田市に挟まれた場所ですので、社員は両市に負けないほどの猛暑を味わっていました。

今までの暑さ対策

ひと昔前はエアコンが設置されている加工室はクリーンルーム仕様の第二工場くらいであり、第一工場ではスポットクーラーで暑さをしのいでいましたが、最近では徐々にエアコンが設置されてきていました。また数年前には工場の屋根を二重構造にしたおかげで、エアコンのない箇所でも場内温度をずいぶん下げることができました。

しかし、今年のような連日の高温猛暑となると熱中症の危険が例年よりも高く、エアコンなしでの作業は酷であり、作業効率も悪くなります。また、来年以降も猛暑となる可能性は大いにあり、社員の安全を守るためには加工室のエアコン完備は避けられないものとなっています。

エアコンを3室に設置

本社の工場ではエアコンが設置されていない加工室が6室ありました。今回はそのうちの3室にエアコンを設置しました。

残り3室は現状では部屋の構造上設置が厳しい状態ですが、社員の安全と効率的な作業のためには、早いうちに設置できるようにし、本社工場加工室エアコン完備を達成していきたいと考えています。

変電室増床と擁壁設置(古川工場)/室内スペースを確保し外観もすっきり!


古川工場では変電室の増床とそれに伴う地面拡幅・擁壁設置を行いました。

変電室の増床と擁壁設置

古川工場の変電室は室内で作業者が移動したり作業したりするのには少し手狭でした。

以前の変電室の外観

この手狭さを解消するために今回増床しました。これにより室内での移動・作業がスムーズに行えるようになりました。

増床後の変電室の外観

また、変電室を増床するにあたり、周辺の地面拡幅が必要となりましたので、新たに擁壁を設置して地面を拡幅・整備しました。

変電室とその周辺の外観は非常にすっきりとしたものとなりました。

 

 

 

配管フェルール化を進行中/社内規格配管のフェルール化完了!


2017年7月の「配管フェルール化を進行中/パッキン混入リスクゼロを目指します!」の中でご紹介しました古川受託粉砕部門の「配管の完全フェルール化2カ年計画」の途中経過としまして、この度、社内で規格化されている配管についてはフェルール化が完了しました。

配管フェルール化とは

当社の受託粉砕の粉砕プラントを大雑把に表すと原料ホッパー、粉砕機、回収機から成っています。これらの設備は複数の配管で連結されており、その中を粉体が通って送られるようになっています。

従来はフランジ継手の配管を使っておりましたが、フランジ継手の配管を接続するためには接続部にパッキンを使用する必要がありました。その為、パッキンが劣化していたりすると通過する粉体との接触によって削れて混入するリスクがありました。

このリスクを無くすためにパッキンを使用しないフェルール継手の配管に変更していこうという活動が配管フェルール化です。

社内規格配管のフェルール化が完了

昨期から順次フェルール化を進めてきて、この度、社内で規格化されている配管についてはすべてフェルール化することができました。フェルール化した配管の数は200本にのぼります。

社内規格配管がすべてフェルール継手なったことで、大多数の粉砕プラントでは配管の接続部にパッキンが使われることがなくなり、長年抱えていたパッキン混入リスクがゼロに近づきました。

完全フェルール化を達成し今以上に安心できる製品をお客様に

2カ年計画の完了期日は今期末です。今後は規格化されていない配管についてもフェルール化を推し進めていき、今期末までには完全フェルール化を達成できるようにしていきます。

完全フェルール化を達成しパッキン混入リスクをゼロとすることで、今まで以上に安心できる製品をお客様にお届けできるようにしていきます。

1 2 3 4 16