砕きの喜多さん

このカテゴリーでは、設備投資や研究開発への投資をともなう進化の活動をご紹介しています。 工場施設や生産設備の進化、技術力や開発力の進化の事例を中心に掲載しています。

※翻訳ツール(右上)を利用して翻訳した場合、「喜多さんの進化抄録集」以外のコーナーへ移動すると日本語表示に戻ります。ご了承ください。

記事一覧

原料課のフォークリフトをバッテリー車に変更/近隣の方への騒音を低減します!


原料課(古川)にバッテリーフォークリフトを導入しました。これまではガソリン車を使用していましたが、近隣の方への騒音を低減するためにバッテリー車に変更しました。

原料課バッテリーフォークリフト

道路挟んで向こうは住宅

当社の古川工場は、古川の街から15分ほど離れた山の中、畦畑という少し人里離れたところにあります。一方、原料課は古川の街の中にあるため、道路を挟んで向こう側には住宅があります。そのため、近隣住民の方のご迷惑にならないよう、仕事をする必要があります。

 

フォークリフトによる騒音を低減

当社の仕事にはフォークリフトは欠かせないものとなっています。フォークリフトも使い方によっては、近隣の方の迷惑になることもあります。フォークリフトの騒音もそのひとつ。会社としてはできるかぎり低減する配慮をしなければなりません。

バッテリー車はガソリン車に比べると、走行時の音が大幅に小さいので、騒音の低減に貢献します。

 

近隣の方のご理解なしでは、当社の事業繁栄もありません。今後も近隣の方への配慮を欠かさず、よい関係を築いていけるよう企業努力していきます。

 

古川工場の給水施設建屋を改築/今まで以上に安心して水が使えるように!


古川工場の給水施設の建屋を改築しました。

給水施設改築

 

給水施設建屋の老朽化

当社の古川工場には給水施設があります。山水や地下水をタンクに貯めて工場の各所へ給水しています。この給水施設はできてから数十年が経過しており、造りも古く老朽化も進んでいました。壁には隙間ができていたり、出入口もきっちりと閉められるような造りではなかったので、雨水が浸入したり風が吹き込んだりしていました。そのせいで場合によっては給水設備が故障する恐れもありました。

 

建屋改築、今まで以上に安心して水が使えるように

当社では山水・地下水を、コンプレッサーの冷却水、粉砕設備や粉砕室の洗浄、作業着や手袋などの洗濯に利用しています。給水ポンプ等は予備機も待機しいているので故障しても大きな影響は出ませんが、建物の老朽化が原因で給水設備が故障・停止し、工場内の機械や作業に影響してしまう可能性は少しでも減らしておくのが望ましいと考え、今回改築しました。

改築によって建屋は丈夫できれいな状態になり、雨風が吹き込むこともなくなりました。給水設備が雨、風にさらされる心配もなくなり、工場では今まで以上に安心して水が使えるようになりました。

本社第一工場に倉庫を新築/旧飼料棟の有効活用を目指します!


本社第一工場の旧飼料棟の一部を解体して、製品倉庫を新築しました。

第一工場倉庫新設

本社の旧飼料棟

当社は2003年以前には飼料の製造販売を事業のひとつとしていました。その飼料の製造をしていた建物のことを今でも旧飼料棟と呼んでいます。旧飼料棟は建築されてから数十年が経過していますので、非常に古びた建物になっており、今では主に設備・資材や廃棄物を置いておく場所として使われています。

旧飼料棟の有効活用を目指す

先にも述べた通り旧飼料棟は非常に古い建物のため、そのままの状態で使えることといったら、物を置いておくことくらいしかありませんでした。しかし敷地面積としては粉砕加工室が数室作れるくらいはあり、このままではもったいないということで、ここを有効活用できるように改修・改築をして再生していこうということになりました。

再生計画の第一弾

今回の倉庫の新築は、再生計画の第一弾です。壁がはがれ落ちたり窓がなくなったりしていた物置スペースを解体し、製品倉庫として新築しました。

第一工場倉庫新設

Before:解体した建物の内部

これによって約67m2(12.4m×5.4m)の製品倉庫を新たに確保することができました。出来上がったお客様の製品を今までの倉庫とともに大切に保管することができます。

第一工場倉庫新設

After:新築した倉庫の内部

この先も旧飼料棟の改修・改築は続きます。建物内の床面の舗装し直しや、粉砕加工室の増設も計画しています。旧飼料棟を本社の受託粉砕で十分に活用できる場所として再生し、本社第一工場の一部として進化させていきます。

配管フェルール化を進行中/パッキン混入リスクゼロを目指します!


当社では今期、古川受託粉砕部門において「配管の完全フェルール化2カ年計画」と称して、配管の継手部分の変更を計画・実施していいます。

配管フェルール化

今までの配管と問題点

配管の継手には何種類もの形状があります。当社の古川受託粉砕部門で今まではフランジ継手の配管を主として使用していました。フランジ継手は、円盤状の板同士の間にパッキンを挟み、数個のボルトとナットで固定するタイプのものです。

当社の受託粉砕では配管の内部を空気の流れとともに粉末が通過しますので、粉末とパッキンが接触することになり、パッキンが削れてしまう可能性があります。パッキンの点検や定期的な交換等を実施するによって削れて混入するリスクを小さくしていますが、フランジ継手のままではリスクゼロに近づけるには限界がありました。

配管フェルール化

フランジ継手

配管のフェルール化

このリスクをゼロに近づけようという対策が、配管のフェルール化です。配管をフェルール継手タイプのものに取り換えることで、パッキンの混入リスクをゼロに近づけようというものです。

フェルール継手の配管は、溝付きのフランジにパッキンをはめ込み、継手同士をクランプで締め付けて固定します。パッキンが配管内部に表面化していないため、パッキンと粉末が接触することがなく、パッキンが削れることもありません。

また、クランプの締め付けは工具を使う必要がなく手締めで簡単にできるため作業の効率化にもつながります。

配管フェルール化

フェルール継手

完全フェルール化2カ年計画

数年前からフェルール化を進めてきましたが、今期はこれをスピードアップして進めようという指示が社長から出ました。パッキン混入リスクをゼロに近づけるには、このフェルール化は非常に有効であると改めて認識したからです。

しかし、すべての配管をフェルール化するには部品を揃えるだけでは済まず、各種粉砕設備の出入り口の改造も必要になるため、簡単には進まないことが予想されましたので、今期から2年の間に完了すべく、計画を立て、順次実施していくこととなりました。

配管フェルール化

パッキン混入リスクゼロを目指して

当社では、お客様からお預かりした原料・製品に異物を混入させてしまうという事故を、最も重大な品質事故としており、絶対に発生させてはいけないと考えています。当然、パッキンの混入も発生させてはいけません。

パッキンの混入リスクゼロを目指して、配管のフェルール化をこの2年で順次進めていき、異物混入のない安心した製品をお客様にお届けできるようにしていきます。

古川工場第一倉庫にシャッターを増設/小動物の侵入対策を強化!


古川工場第一倉庫にシャッターを増設しました。小動物が倉庫へ侵入するのを防ぎ、お客様の原料や製品を守ります。

第一倉庫シャッター設置

大自然の中にある古川工場

当社には国内に事業場が3ヶ所ありますが、そのうちの一つである古川工場は岐阜県飛騨市古川町というところにあります。JR飛騨古川駅に降り立ち、あたりを見渡すと自然に囲まれた地域だということがすぐにわかりますが、工場がある畦畑という地区はそこからさらに車を15分ほど走らせた、山をひとつ超えたあたりにあります。工場に着くと、駅のある古川中心部とは一味も二味も違った大自然を感じることができるほどだと思います。

小動物が工場に顔を出すことも

そんな大自然の中にある工場なので、森の中からもいろいろな小動物が来場します。昆虫や鳥はもちろんねずみなどが迷い込んできて顔を見せることも。古い過去には夜が更けたころに子熊がやってきて、当社の社員が格闘したという武勇伝があったりもします。

お客様の製品を小動物から守ります

このように大自然に囲まれているがゆえに様々な動物が工場の周辺に生存していますので、工場に侵入してくることは仕方のないことではありますが、お客様からお預かりした原料や製品についてはこれらの小動物からしっかりと守らなくてはなりません。

特に原料や製品を保管している倉庫への侵入は徹底して防ぐ必要があります。侵入した小動物がお客様の大事な製品を引っ掻いたりかじったりして、損傷させてしまっては申し訳ないことです。原料や製品自体にもビニールシート等で保護していますが、そもそも侵入されない対策を強化しようということで、今回、第一倉庫にシャッターを増設して、侵入経路をできる限り減らすことにしました。

シャッター以外にも、飛来虫、歩行虫のトラップの設置やモニタリング、薬剤散布、防鼠施工などを行い、虫を含めた小動物の侵入をできる限り防いで、お客様の製品を守る努力をしています。

第一倉庫シャッター設置 第一倉庫シャッター設置
1 2 3 4 15