KY事例:廃棄ドラムのプレス作業 by総務部


2017年12月の総務部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

廃棄ドラムのプレス作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 プレス台にファイバードラムをセットする時、プレス台溝内にドラムをセットしないと転がって落ちて作業者に当たる。
2 ドラム缶をプレスする際、プレス機に対して横向きの体勢でドラムを持ち上げると腰を痛める。
3 プレス作業を終えて、プレス板を上げた状態にしておくと、プレス板が下がる恐れがある。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 プレス作業終了後は、プレス板を下げておく。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 プレス作業終了後は、プレス板を確実にプレス台まで下げる。
指差し呼称 プレス板、降下ヨシ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
総務部で行う「廃棄ドラムのプレス作業」をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

KY事例:エアーフィルター交換作業 by製造部


2017年12月の製造部(本社)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

エアーフィルター交換作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 エアーフィルターのカバーを外す際、手が滑りカバーが体に接触し怪我をする。
2 カバーを支える手が滑り、カバーが足に落ち怪我をする。
3 ロックリングが落下し、右手の甲に落ち怪我をする。
4 配管内のエアーが残っているとカバーを外す際勢いよく外れ体に当たり怪我をする。
5 ロックリングを外した際、体勢を崩し隣のフィルターに体をぶつけ怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 元バルブを締める
2 圧力計がゼロになるのを確認する

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 元バルブを締め、圧力計がゼロになるのを確認してから作業しよう
指差し呼称 元バルブ・圧力計ゼロ確認よし!

KY事例:機械置場の階段を使用した荷物運搬作業 by開発部


2017年11月の開発部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

機械置場の階段を使用した荷物運搬作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 足元を見ないと、踏板の踏み外し、つまづきにより、転んでけがをする。
2 大きな荷物の場合、足元が見えず、踏板の踏み外し、つまづきにより、転んでけがをする。
3 荷物をしっかり持たないと壁にぶつかり、体のバランスを崩し転んでけがをする。
4 手すりを持たないと、階段を踏み外したときに転んでけがをする。
5 荷物をしっかり持たないと、荷のバランスが崩れ、荷物が落下し、けがをする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 階段を使用して荷物の運搬をする際は、足元の確認をし、手すりを持って昇降する。
2 両手がふさがった状態になる場合は、無理に荷物運搬をしない。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 階段を使用した荷物運搬作業では、足元をしっかりと確認し、手すりを持って昇降する。
指差し呼称 「足元確認、手すり良し!」

KY事例:バイス台を使用したチェーンレンチ取扱い作業 by技術部


2017年11月の技術部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

バイス台を使用したチェーンレンチ取扱い作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 バイス台に固定する対象物の締め込みが甘いと、取扱い物が落下し、足下に落ち怪我をする。
2 チェーンレンチのフックの掛かりが悪いと、作業の際チェーンが外れ手に当たり、怪我をする。
3 作業対象物とチェーンの長さを合わせないと、緩い場合空周りして、正面の壁に手が当たり怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 バイス台に固定する対象物は確実に締め込み、緩みが無い様にする。
2 チェーンの長さ調整を行って、確実にフックに掛け、少し力を掛け確認を行う。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 確実にバイス台に固定して、チェーンフックの掛かりを確認してから作業を行う。
指差し呼称 バイス固定、チェーンフック掛かりヨシ。

KY事例:品質保証棟の1階部屋の出入り by品質保証部


2017年9月の品質保証部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

品質保証棟の1階部屋の出入り

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 重量のある引き戸の為、扉を勢いよく開けると取っ手に指を持って行かれ、扉と取っ手の隙間に指を挟み、ケガをする。
2 事務所の扉は両方から開けられる為、2人で同時に扉を開けると、扉が体にぶつかりケガをしたり指を挟む。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 スペーサーを使い、取っ手部分が扉と重ならないようにする。
2 ストッパーを使い、片方の扉を固定し、スペーサーで、取っ手部分が扉と重ならないようにする。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 スペーサーやストッパーがあるからと言って安心せず、ドアの開閉はゆっくりと行う。
指差し呼称 なし
1 2 3 4 25