KY事例:No.20室製品運搬作業 by品質保証部


2021年8月の品質保証部(本社)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

No.20室製品運搬作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 部屋から出る際、シャッターに頭をぶつけて怪我をする
2 部屋から出る際、走行してきたリフトに驚き転んで怪我をする
3 部屋から出る際、リフトと接触して怪我をする
4 台車の操作を誤り、壁にぶつかり怪我をする
5 部屋から出る際、歩行者に台車を接触させ怪我をさせる

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 部屋から出る際、一旦停止をする
2 部屋から出る際、周囲を確認する

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 シャッターを開けて製品を運搬する際は、一旦停止をして周囲をよく確認してから行動するようにしよう
指差し呼称 一旦停止・周囲ヨシ!

KY事例:脚立を使用する作業 by第1製造部


2021年8月の第1製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

脚立を使用する作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 脚立の上で無理な体勢で作業を行うとバランスを崩し、作業者が落下し怪我をする。
2 脚立を水平ではない場所に設置すると脚立が傾き、作業者が昇降の際バランスを崩し、転倒・落下し怪我をする。
3 脚立の止め金具をロックせずに使用すると、作業中に脚立が開いてしまい、作業者が落下し怪我をする。
4 脚立の開閉の際、可動部や回転部などに手や指を挟み怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 脚立を設置する際、使用前に設置場所が水平か確認し、がたつきが無いか確認してから
作業する。
2 使用前に止め金具が確実にロックされていることを確認してから作業する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 脚立を使用する際は、水平な場所に設置し、止め金具を確実にロックしてから作業しよう。
指差し呼称 水平よし! 止め金具ロックよし!

KY事例:減容物排出作業 by総務部


2021年8月の総務部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

減容物排出作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 減容物を排出する時、扉の前にゴミがない状態にしないと作業者が躓いて転んでケガをする。
2 減容物を排出する時、扉を開けると隣で作業している人に扉が当たりケガをする。
3 減容物を排出する時、扉を全開にしてからリフトでパレットを準備しないと、扉に接触し破損させる。
4 減容物を排出する時、パレットの置く位置が悪いと減容物がパレットから落ちて、周囲の作業者に当たりケガをする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 扉を全開にしてパレットを減容物の手前中心にセットする。
2 減容物を排出する時は、周囲から作業者を離す。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 減容物を排出する時は周囲から作業者を離し、扉を全開にしてパレットを減容物の手前中心にセットする。
指差し呼称 周囲確認、扉ヨシ! パレット位置ヨシ!

KY事例:撹拌溶解作業(10リットル以上) by開発部


2021年7月の開発部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

撹拌溶解作業(10リットル以上)

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 撹拌開始時に撹拌器の回転数を高く設定してしまい、液滴が飛び目に入る
2 撹拌機に、撹拌棒を取り付ける際、棒を固定する器具を液体に落として、液体が跳ねて皮膚に付着する
3 高粘度液体の場合、撹拌機の固定が十分でないと、撹拌機が脱落し、足などに落下し怪我をする
4 高粘度液体の場合、容器が動き倒れたりし、液体がこぼれる
5 溶解熱が発生する物質の場合、容器に触れ火傷する
6 容器に液体を入れすぎると、回転数を高く設定すると液体が容器からあふれ、液体が体に付着する

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 撹拌機の回転を開始する際は、回転数をゆっくり上げる
2 撹拌機と容器は動かないように、固定されていることを確認する
3 容器に液体を入れすぎない

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 撹拌溶解作業の際は、撹拌器及び容器の固定を確認し、ゆっくりと回転数を上げる
指差し呼称 固定、回転数よし

KY事例:フレコンをたたむ作業 by原料課


2021年7月の原料課(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

フレコンをたたむ作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 車両が入ってくる場所、フレコンが出入りする場所でフレコンをたたむと接触し怪我をする。
2 低い位置でたたんでいるとフォークリフトの作業者に見えづらく、ぶつかりケガをする。
3 低い位置でたたんでいると他者から見えづらく台車と接触しケガをする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 フレコンをたたむ時は選別室内の空いている場所でフレコンをたたむ。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 フレコンをたたむ時は選別室内で作業しよう。
指差し呼称 室内作業よし。

KY事例:原料圧送ブロワーベルト交換作業 by製造部


2021年7月の製造部(本社)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

原料圧送ブロワーベルト交換作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 ベルト交換作業中に誤って設備を動かすと作動してしまい巻き込まれ怪我をする
2 保護手袋をしていないと作業中手を滑らせぶつけたりし、怪我をする
3 無理にベルトを外そうとすると指を挟み怪我をする
4 カバーを外した際手を滑らせ足の上に落として怪我をする
5 ベルトカバーを取り付ける際指を挟み怪我をする

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 制御盤の元電源を切って作業をする
2 点検中の札を制御盤に表示しておく

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ベルト交換作業をする際は、点検中の札を表示し元電源を切ってから作業をしよう
指差し呼称 元電源・点検札ヨシ!

KY事例:ドラム缶運搬アタッチメント取り付け作業 by品質保証部


2021年6月の品質保証部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

ドラム缶運搬アタッチメント取り付け作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 フォークが水平でないとアタッチメントを無理な体制で差し込む為、躓いて転び怪我をする。
2 チェーンを繋ぐ際に、止め金具の部分で指を挟み込み、怪我をする。
3 チェーンを通す際に、バックレスト下部付近で腕をぶつけ怪我をする。
4 周囲を確認してから取り付け作業しないと、歩行者に接触し怪我をする。
5 チェーンがたわんだ状態で繋ぐと、運搬作業中にアタッチメントがズレてドラムが落下し周囲の人が怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 フォークの水平状態を確認てからアタッチメントを取り付ける。
2 チェーンのたわみが無いよう、取り付け後に確認する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 アタッチメント取り付け時は、フォークの水平状態の確認とチェーンのたわみを無くそう。
指差し呼称 水平よし!たわみ無し良し!
1 2 3 4 31