5S事例:砥石の定置管理化 by設備保全部


2018年7月の設備保全部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

設備保全部では「砥石の定置管理化」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

各種砥石がまとまって1つの箱に入れられており、使用時、目的の砥石を探すのが手間でした。また、見た目も悪かったです。

<改善後の状態&効果>

種類別に管理することで、目的の砥石を探す手間がなくなり取り出しやすくなりました。見た目も良くなりました。

5S事例:端子用絶縁キャップの保管方法改善 by製造部


2018年7月の製造部(本社)の5S活動事例を紹介します。

製造部では「端子用絶縁キャップの保管方法改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

電気工事で使用する端子用の絶縁キャップは収納場所がなく、サイズや色がバラバラで探しにくく見た目も悪い状態でした。

<改善後の状態&効果>

絶縁キャップ専用の収納ボックスを作成し、色とサイズ別に保管するようにしました。また、フタに表示をしたのでひと目で取り出せるようになりました。

5S事例:物流作業時のバインダー定置管理 by品質保証部


2018年6月の品質保証部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

品質保証部では「物流作業時のバインダー定置管理」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

日常に於いて、入出荷に伴う物流業務は関係書類をバインダーに綴じて作業を行っていますが、これまでは座席の横に置いた状態でフォークリフトを運転していました。そのため、落下による書類の汚れやバインダーの破損などがありました。

<改善後の状態&効果>

座席の横にバインダーを収納できる様にトレイを設置しました。これにより、落下の心配もなくなり、書類がバインダーから外れて紛失することも無くなりました。

5S事例:フッ素原料ラベル保管ケースの種類細分化 by原料課


2018年6月の原料課(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

原料課では「フッ素原料ラベル保管ケースの種類細分化」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

フッ素原料ラベルの収納スペースが少なく複数の種類のラベルがまとめて管理されていたため、片づけたり使用する際、間違えてしまう事がありました。

<改善後の状態&効果>

収納スペースを拡張しラックの数を増やしました。これによりすべての種類のラベルを個々に収納できるようになったため、使用、収納する際に間違えることが無くなりました。

5S事例:タンボールシート保管方法の改善 by技術部


2018年4月の技術部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

技術部では「タンボールシート保管方法の改善」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

塗装時や機械の下に敷くダンボールシートは紐でまとめ、床に直置きしてあり、移動させる時や、棚に収納してある物を持ち出す際に邪魔でした。

<改善後の状態&効果>

ワイヤーカゴとキャスター台車を合わせ専用の収納カゴを作りました。移動可能にしたことにより、ダンボールシートの取り出しも、収納棚からの部品取り出しも容易になりました。

1 2 3 4 21