400℃高耐熱 PTFE添加剤


400℃ 高耐熱
PTFE 潤滑用添加剤
KT/KTL シリーズ

KT/KTLシリーズはPTFE(4フッ化エチレン樹脂)微粉末の摩擦・摩耗特性改良材です。

各種熱可塑・熱硬化樹脂、ゴム、エラストマーへの添加により、摩擦・摩耗特性、PV値を改善することができます。また、防汚、非粘着、撥水・撥油等の機能を付与することも可能です。

KT/KTLシリーズは融点以上でも分解・メルトフローしないため、成形温度が400℃以上の樹脂への添加も可能です。特に最高分子量のKTシリーズは、420℃でも分解ガスの発生が無く、成形温度の高いスーパーエンプラ添加剤として高い評価を得ています。

 

特性・特長

熱分解曲線(10℃/minで420℃まで昇温、その後30分間保持)

TG-chart(increase by 10℃/min. up to 420℃, then hold at 30min)

400℃高耐熱PTFE添加剤 熱分解曲線

 

各種プラスチック+KTL-610(10wt.%) 摩擦係数

Various plastics+KTL-610(10wt.%) Friction coefficient

各種プラスチック + KTL-610(10wt%) 摩擦係数

PPS+KTL-610(10wt.%) 比摩耗量

PPS+KTL-610(10wt.%) Specific wear amount

PPS+KTL-610(10wt%) 比摩耗量

 

使用例

KT-600M in PEEK KTL-610 in PA6T

 

KT/KTLシリーズ 樹脂コンパウンド用グレード

KT-300M
KT-400M
KT-600M
特性

完全に焼成された最高分子量、世界最高耐熱PTFE微粉末。

420℃でも分解ガスの発生が無く、分解ガスを嫌うPOMにも最適。

融点以上でもメルトフローせず粒子形状を保持するため、高温でも均一な分散状態を保持。

推奨
樹脂

POMを含む全ての熱可塑性・熱硬化性樹脂、ゴム、エラストマー

KTL-450A
KTL-450
KTL-620
特性

完全に焼成された高分子量PTFE微粉末。

流動性・分散性に優れるため、混練機への自動供給が可能。

融点前後での体積及び形状の変化が小さいため、成形品の強度・寸法安定性に影響を与えない。

推奨
樹脂

加工温度300℃台中盤以上の樹脂、ゴム、エラストマー
(PEEK、芳香族PA、PES、熱可塑性PI、PEI、PAI等)

KTL-610 特性

KTL-450A、KTL-450、KTL620と同じ

推奨
樹脂

加工温度300℃台前半以下の樹脂、ゴム、エラストマー
(PPS、PA、PBT、PC、汎用プラスチック等)

 

用途例

合成樹脂への添加

合成樹脂への添加

合成樹脂への添加

合成樹脂への添加

ゴム・エラストマーへの添加

ゴム・エラストマーへの添加