5S事例:ボールミルに使用する道具保管場所の整理 by開発部


2020年9月の開発部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

開発部では「ボールミルに使用する道具保管場所の整理」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

ボールミルに使う道具が奥の方にあり、取り出しにくい状態だった。また、使用する際に他の道具をどかして取り出すため手間がかかる。

<改善後の状態&効果>

ボールミルに使う道具を左に集め、取り出しやすい状態にした。また、使わない道具を片付けることで見栄えも良くなった。

KY事例:丸鋸を使用したコンパネ切断作業 by設備保全部


2020年9月の設備保全部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

丸鋸を使用したコンパネ切断作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 コンパネを押さえる手が丸鋸より先に出ているので、真っ直ぐに切らないと手を切る。
2 コンパネを押さえる手が丸鋸より先に出ているので、切断作業中押さえている手の力加減でコンパネが動いた時、誤って手を切る。
3 コンパネを手で押さえているので、切り終えた瞬間、体が前方に傾き転倒する。
4 保護メガネをしていないと、切り粉が目に入り、怪我をする。
5 急いで切りったりするとキックバック(刃が跳ね返される)が起こり、本体と体が接触する。
6 作業台の感覚が広い為、切り終える時キックバックが発生して、本体と体が接触する。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 本体モータカバーを持つ。コンパネが動かない様にシャコ万で固定する。
2 切り終える時、コンパネがV字にならない様に作業台の位置を決める。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 手が丸鋸の先に出ない様に、コンパネを固定してから、本体モータカバーを持とう。
指差し呼称 作業手、位置、固定ヨシ。

KY事例:ドラムプレス後の運搬作業 by第1製造部


2020年9月の第1製造部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

ドラムプレス後の運搬作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 プレスされたドラムは凹凸の激しいものがありドラムの固定が確実にされていないと運搬中に脱落、転倒し周囲の作業者に当たり怪我をする。
2 備品置き場と隣接しているため周囲を確認して運搬を行わないと制御盤、ミシンなどに体をぶつけ怪我をする。
3 備品の出し入れを行う作業者が来た際気づいていないとお互いがぶつかり怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 ドラムを持ち上げる際確実に固定されているか確認する。
2 ドラムを運搬する際周囲に不要な物や他の作業者がいないか確認する。

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ドラムプレス後の運搬作業は周囲とドラムの固定を確認する。
指差し呼称 周囲よし!固定よし!

KY事例:No12室、大扉開閉作業 by製造部


2020年9月の製造部(本社)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

No12室、大扉開閉作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 勢いよく扉を動かすと手を滑らせ体勢を崩して転び怪我をする
  2 扉の隙間に指を挟み怪我をする
3 小扉を開けようとしている人に気づかず大扉を動かしぶつけてしまう
  4 床が濡れていると滑って転び怪我をする

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 周囲を確認して開閉する

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 大扉を開閉する際は、周囲を確認してから行動しよう!
指差し呼称 周囲、確認ヨシ!

5S事例:磁生物検査に使用する限度見本の保管場所整理 by品質保証部


2020年4月の品質保証部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

品質保証部では「磁生物検査に使用する限度見本の保管場所整理」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

第一分析室で磁性物検査を行う際に使用する限度見本を検査用ワゴンの下に保管しているが、見本をただ重ねて置いてあるだけで使用する際、目的の見本を探す必要があり、見映えも悪い状態でした。

<改善後の状態&効果>

ワゴンの下に仕切りをつけ、会社ごとに限度見本を置いたことにより、必要な見本を探す必要がなくなり、見映えも良くなりました。

5S事例:エアーホースの定置管理 by第2製造部


2020年4月の第2製造部(古川工場)の5S活動事例を紹介します。

第2製造部では「エアーホースの定置管理」を実施しました。

<改善前の状態&問題点>

エアーホースの置き場が決まっていなく作業者によって片付け方や場所が異なるため、使用したいホースがすぐに見つけられないことがありました。

<改善後の状態&効果>

壁にフックを取り付け、持ち出し用のエアーホースを掛けられるようにしました。定置管理場所が決まったため、使用する際にすぐ持ち出せるようになりました。

KY事例:丸ノコによるファイバードラム切断作業 by総務部


2020年4月の総務部(古川工場)のKY活動事例を紹介します。

以下の作業をテーマとして取り上げ、KYT(危険予知訓練)を実施しました。

テーマ

丸ノコによるファイバードラム切断作業

1ラウンド:どんな危険が潜んでいるか?
2ラウンド:これが危険ポイントだ!

以下の危険が挙げられ、重要危険ポイントを設定しました。

1 丸ノコを使用してファイバードラムの鉄枠を切断する時は、プレス機でファイバードラムをしっかり固定しないとファイバードラムが動いて丸ノコで怪我をする。
2 電源コードと掃除機ホースを左手で持ち、右手は丸ノコを持って両手で作業を行わないと怪我をする。 
片手作業をしない)
3 丸ノコで切断作業を行っている作業者の横を通ると、作業者が気が付かず丸ノコが当たり怪我をする。

:最重要危険ポイント/:重要危険ポイント

3ラウンド:あなたならどうする?

上記の最重要危険ポイントに対して、以下の具体的対策案が提案されました。

1 ファイバードラムをプレス機で固定した後は、ファイバードラムが動かないか手で確認する。
2 丸ノコ使用時は、両手で持ち作業をする。(片手作業をしない)

:重点実施項目

4ラウンド:私たちはこうする!

上記の対策案を実施するために、以下のチーム行動目標と指差し呼称を設定しました。

チーム行動目標 ファイバードラムを切断する時は、固定の確認と両手で作業を行う。
指差し呼称 固定ヨシ!両手作業ヨシ!
1 2 3 4 5 66